スポンサーリンク

2017年8月の読書記録

JUGEMテーマ:株・投資

8月の読書記録です。

 

8月は5冊読みました。先月は夏期講習が忙しく、読む時間がなかったです(-_-;)

 

独断と偏見による評価を4段階で表してみます。

◎ 絶対にもう一度読む!

〇 もう一度読む! 

△ もう読まないかもしれない・・・

× 廃棄します!

―住屋敷のピエロ(東野圭吾) 評価〇

 

読みやすくハラハラドキドキしながら読んだが、少しややこしくて読むのに疲れました。

なので評価は〇。

擬人的視点のピエロの存在が良かったかな。

 

▲泪螢ネットの罠(赤川次郎) 評価◎

 

帯にある元祖・どんでん返しミステリーに惹かれて赤川次郎作品を初めて読みました。

読みやすく、やっぱり騙されました。

マリオネット=操り人形です・・・なるほど。

 

勝海舟の人生訓(童門冬二) 評価〇

 

勝海舟に関する本は好きで結構読んでます。

推理小説だけ読むのは嫌なので。

勝海舟のような柔軟な発想力を持った政治家って今の日本にはいないね。

 

ぅ蹇璽肇譽奪荘事件(筒井康隆) 評価〇

 

驚愕のトリックで有名な本。

余計な事を書くとネタバレになるので書きません。

トリックには満足できませんでしたが、二回目は様々な発見があり楽しみながら読めました。

 

ニ願(米澤穂信) 評価〇

 

6話の短編小説。

私の好きな順は)灯関守D嘴忰ぬ觀扠ニ願死人宿かな。

本屋に平積みされて高評みたいだけど、◎にはなりませんでした。

 

いつも通り、推理&ミステリー小説中心に読みました。

 

今月からは、読書の秋ですから読書量も増えるかな。

 

・・・と言いながら現時点だと4冊目を読んでます(゜o゜)

 

焦らずマイペースに多種多様な分野の本を読んでいこうと思います。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ