スポンサーリンク

バフェットのルールを守る〜絶対に損をしないこと〜

JUGEMテーマ:株・投資

 

投資の神様であるウォーレン・バフェットの有名なルールがあります。

 

ルール1 絶対に損をしないこと。
ルール2 ルール1を絶対に忘れないこと。

 

バフェットの名言は他にもいろいろありますが、他はあまり興味がありません。

 

このシンプルな、誰でも実行可能な二つのルールが好きです。

 

株式での資産運用においてはA口座では、このバフェットのルールを実践しています(していると思います)。

 

絶対に損をしないこと。。。。言い換えれば、潰れない株を選び、損切りをしないことだと思います。

 

A口座では、買付の段階で自己資本比率が40%を超える比較的財務内容が良い有配銘柄を選んでます。

 

また、比較的割安と思われるPBR1倍以下の銘柄を買付対象にしています。(PERよりもPBR重視)

 

2014年11月にA口座を稼働して以来、上記のルールを逸脱して買付したことはありません。

 

買付した銘柄が潰れたり、買付した銘柄を損切りしたこともありません。(TOBによる上場廃止は除く)

 

 

新興あたりの銘柄で面白い値動きをしていると買いたくなる時もありますが、そういう時は衝動を抑え、トレード口座のC口座・D口座で買うようにしています。

 

A口座は、絶対に損をしないこと・・・それを守りながら今後も運用していくつもりです。

 

 

次にA口座の総計を紹介します。

 

 

前回紹介時の年間損益金額は1,107,078円でしたが、現時点だと1,118,196円になっています。

 

生涯損益金額が+387万円になっています。

 

年内に400万円超えはしたいところですが、この不安定な相場だと難しいかな(;^ω^)

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

含み損を気にしない兼業投資家

JUGEMテーマ:株・投資


私は塾講師をしながら株式投資をしている兼業投資家です。

 

兼業投資家は株以外の収入があるので、含み損を気にする必要がありません。

 

仮に決算が悪く暴落しても、無理に損切りする必要はありません。

 

信用取引をしていたり、専業投資家であれば素早く損切りしないといけないケースが多いでしょうけど。

 

下落し買値に戻らないのであれば、配当金をもらえばいいのです。

 

なので、私は中長期保有型ののA口座では、全て有配銘柄を買い付けしています。

 

その上、財務内容も気にしていて、自己資本比率40%以上の銘柄のみを買い付けの対象にしています。

 

このやり方が100%良いとは思いませんが、精神的負担が少なく資産運用ができている感じがします。

 

稼働して丸四年が経とうとしてますが、このまま爺になっても、このスタイルで運用してるんだと思うようになってます。

 

 

次にA口座の総計を紹介します。

 


 

前回紹介時の年間損益金額は1,107,078円でしたが、現時点も1,107,078円になっています。

 

譲渡益も配当金も何もない状態です。

 

このままだと昨年の金額を超えるのは、かなり難しい感じがします。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ