スポンサーリンク

含み損を気にしない兼業投資家

JUGEMテーマ:株・投資


私は塾講師をしながら株式投資をしている兼業投資家です。

 

兼業投資家は株以外の収入があるので、含み損を気にする必要がありません。

 

仮に決算が悪く暴落しても、無理に損切りする必要はありません。

 

信用取引をしていたり、専業投資家であれば素早く損切りしないといけないケースが多いでしょうけど。

 

下落し買値に戻らないのであれば、配当金をもらえばいいのです。

 

なので、私は中長期保有型ののA口座では、全て有配銘柄を買い付けしています。

 

その上、財務内容も気にしていて、自己資本比率40%以上の銘柄のみを買い付けの対象にしています。

 

このやり方が100%良いとは思いませんが、精神的負担が少なく資産運用ができている感じがします。

 

稼働して丸四年が経とうとしてますが、このまま爺になっても、このスタイルで運用してるんだと思うようになってます。

 

 

次にA口座の総計を紹介します。

 


 

前回紹介時の年間損益金額は1,107,078円でしたが、現時点も1,107,078円になっています。

 

譲渡益も配当金も何もない状態です。

 

このままだと昨年の金額を超えるのは、かなり難しい感じがします。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

コメント