スポンサーリンク

「やりがいある」仕事は給料が低い

JUGEMテーマ:株・投資

 

「やりがいある」…でも低待遇 非正規司書、年収200万円以下が9割

 

全日本教職員組合(全教)は7日、公立小中学校の図書館で司書などとして働く非正規職員へのアンケートを行い、92%の人が年収200万円以下だったとの結果を発表した。

非正規ネタです。

 

公立学校での司書の仕事が、どんな仕事なのか今一つ分からないんですが、年収200万以下って少ないですね。

 

非正規の契約社員の塾講師の私より年収が低いです。

 

こんな私でも、ここ数年は年収400万以上で推移しています。(額面ベースですが)

 

年収500万以上になる事は、どんなに頑張っても不可能でしょうけどね。

 

 

正直、このニュースを見て思ったのは「司書の仕事ってどれくらい大変なんだろうか?」という事です。

 

仕事内容を把握していないので何とも言えませんが。

 

一般的に、営業などの数字のプレッシャーがありストレスがたまる仕事ほど、給料が高くなる傾向があります。

 

司書って、数字のプレッシャーってあるんでしょうか・・・。

 

ストレスがたまりにくい仕事は、年収が低くてしょうがないのかなって思うんですが。

 

あと、一般的に「やりがいある仕事って給料が低い」と思います。

 

なので、厳しい言い方になりますが「高給取りになりたければ、転職して営業すればいい」と思います。

 

 

ちなみに私、その昔は営業マンでした(^v^)

      スポンサーリンク

 

 

では、次にC口座の状況を紹介します。

 

C口座→・ライブスター証券の口座を利用

    ・短期保有型(入金一切禁止)

    ・2015年10月5日から稼働

 

いつも通り、含み損のオンパレードです。

 

考えたら、保有株の中には1年近く保有している銘柄もあります。

 

これだと、短期保有口座でなくなってしまいますが、それはそれでいいかなという気持ちに今はなっています。

 

ちなみに、買付もしているんですが、下がっている銘柄を買っているので、あんまり今の上昇相場の恩恵を受けないですね。

 

稼働して1年経ちますが、逆張りって儲からないというのが正直な感想です。

 

やっぱり、株は順張りだな!と感じてしまいます。

 

ただ、このC口座はこのまま継続していきます。(多少の軌道修正はあるかもしれませんが)

 

売却中心になってしまっているので、現金はまだあります。

日経上昇局面なのに、資産が増えない悔しさはありますが、焦ってもどうしようもないので、この口座に関してはノンビリやっていこうと思ってます。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

トランプショックで大暴落が起きた時の対応策

JUGEMテーマ:株・投資

 

【米大統領選】世論調査でトランプ氏がクリントン氏を逆転 Eメール問題が影響

 

米大統領選の共和党候補者トランプ氏の支持率が、民主党候補者のクリントン氏を追い抜いた。

民主党のヒラリー・クリントンの勝利確定は堅いと思っていんたんですが、なんだか最後の最後まで分からなくなってきましたね。

 

考えたら民主党には、ヒラリー支持者以外にも熱狂的なサンダース支持者がいるわけで、民主党も一枚岩ではないんですよね。

 

ただ、サンダース支持者がトランプ支持になるとは思えないですが。

2012年はオバマ大統領の支持率が48%で、共和党候補のロムニー氏の49%を下回った。2004年でも民主党候補のケリー氏が1ポイント差でブッシュ氏を上回っていたが、選挙では敗れた。

ということは、トランプが勝つ可能性もあるわけですね(・へ・)

 

 

トランプが大統領に当選すれば、株式市場は大暴落するでしょうね。

 

今の株式市場はヒラリー勝利を想定して動いてますよね。もし想定外の結果になったら。・・・・・・・・あのトランプが大統領に!?

 

市場全体が、失望・・・・・いや絶望に近い感覚に襲われるかもしれません。

 

トランプショック(トランプ勝利で株式市場が大暴落)が起きる可能性を、ある程度想定しておいた方が良いのかもしれません。

 

 

またもう一つの懸念材料があります。それは、トランプが仮に負けても「敗北宣言」をしないという事です。

 

そうすれば、政治的混乱から株式市場が大暴落する恐れがあります。

 

そう考えると、トランプショックが起きる可能性は、結構な確率であるんではないかと思えてきます。

 

 

投資家は最悪の事態を想定して動く必要があります。

 

最悪の事態に対する対応策として、信用取引をしている投資家は信用取引のスイングは控える(デイトレは取引OK)・過度な信用取引のレバレッジをかけない事などは、一応考える必要があるでしょうね。

 

また、現物取引をしている投資家も、現金の割合を増やして過度な買付を控える事が求められます。

 

私は兼業&現物投資家なので、信用取引は関係ないですが、8日の大統領選挙までは積極的な現物買いは控えようと思います。

 

もちろん、どうしても買いたくてたまらない、良さそうな銘柄があれば買いますけど(^v^)

 

現金さえればあれば、相場で生き残れます。無駄な戦いをして現金という弾を失うのは愚かです。

 

時には静観するという事も相場においては必要かもしれません。

      スポンサーリンク

 

では、次にC口座の状況を紹介します。

 

C口座→・ライブスター証券の口座を利用

    ・短期保有型(入金一切禁止)

    ・2015年10月5日から稼働

 

保有銘柄全て評価損ですが、利益確定の売りをしているため、仕方がないのかなって感じで今は考えています。

 

それにしても、このC口座は最近、売却中心になっています。

 

地合いが良いからなんでしょうが、吹き上げる銘柄があるので利食いができるんですよね。

 

ただ、買付の方ができないので、現金残高が結構増えました。

売却しすぎたため、株式時価総額より現金の方が多くなってしまいました。

 

この口座は逆張りで買付をしてるので下げ相場にならないと買う事ができないんですよね。

 

11月になったので、今は12・1・2月に決算(配当・優待)がある銘柄を物色してますが、なかなか買付させてくれません。(下がってこない)

 

上記のように大統領選挙もあるし、何が起きるか分からない状況なので、これはこれでOKって事にしてます。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ