スポンサーリンク

10月に大暴落が来ても現物投資家は破産しない!

JUGEMテーマ:株・投資

 

株式市場では、10月は「魔の月」と言われてます。

 

それは、過去の相場で大暴落が10月に集中しているからです。

 

世界恐慌の引き金になった、1929年の10月24日木曜日(暗黒の木曜日)のNY市場の大暴落。

 

「ブラックマンデー」で有名な1987年の大暴落も10月に起きています。(1987年10月19日)

 

その後の2008年のリーマンショックも9月に発生しましたが、10月の方がキツイ下げをしています。

 

(SBI証券のHYPER SBIより)

 

2008年の日経平均月足ですが、10月に長い陰線をつけているのが分かります。

 

信用の買建のポジションを持っていたら間違いなく追証になってるでしょうね。

 

デイトレであれば信用取引を使って稼ぐ戦略はありだと思いますが、信用のスイングはこういう事があるのでお勧めしません。

 

下手したら、破産しますし。

 

 

現物であれば、大暴落が来ても破産はしないと思います。

 

評価損は膨らむかもしれませんし、精神的なダメージは大きいかもしれませんが破産する事はないはずです。

 

むしろ、大暴落が来たら買えばいいわけで、現物投資家は大暴落を歓迎する姿勢をとってもいいのかもしれません。

 

「上がってほしいな」「下がってほしいな」という気持ちを両方持っている現物投資家って最強かもって、ちょっと思ってしまいました。

      スポンサーリンク

 

 

 

では、次にA口座の状況をお伝えします。

 

A口座→・SBI証券・松井証券の口座を利用

    ・中長期保有型

    ・2014年11月12日から稼働

 

SBI証券

前回紹介時の全体の含み損が-626,700円だったので、かなり改善されました。

 

評価益が出ている銘柄も増えだしてます。

 

ちなみに現時点での評価益1位は、アーレスティ(5852)さんです。非鉄金属のセクターです。

 

ただ、私の視点だと、まだ日経平均の長期的なトレンドはニュートラルなので、利食いOKサインが出たら保有株の売却はしていこうと思います。

 

 

次に松井証券です。

 

松井は金額が少ない口座なんですが、その中で頑張っているのが、アイ・オーデータ(6916)です。

 

そろそろ売りたいんですが、売却シグナルが出ないので我慢しています。

 

正しいか正しくないかは分かりませんが、自分のルールを決して破らないように今後も精進していこうと思います。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ