スポンサーリンク

儲けは少ないが精神衛生上良いC口座の取引ルール

JUGEMテーマ:株・投資

 

C口座の総計を紹介します。

 

前回同様、大きな変化はありません。

 

 

C口座のルールに下記のようなものがあります。

 

 

買う際のルールとして、四季報で調べて決算月に配当を出している(来期も出す予定)銘柄を登録して、その銘柄が下がった所(日足)で逆張りでENTRYします。

 

無配銘柄は絶対に買いません(昔は平気でボロ株を持ってましたが・・)し、高値掴みはしないようにしています。

 

あと、登録する際は8月であれば9・10・11月に権利月最終日がある銘柄を登録し、その銘柄のみを買います。

 

上がればテクニカルで判断して売りますし、上がらなければ配当(優待)をもらいます。

 

配当落ち後は暴落する事が多いので、状況次第で損切りする事もあるんですが今はあまりしてません。

 

本当はもっと積極的に損切りをし回転をきかせないといけないとは思ってるんですが。

 

短期保有のC口座とD口座のルールは違いますが、配当が出る銘柄を買う・下がった所(日足)で逆張りで買う所は共通しています。

 

 

 

もちろん、このルールは決してお勧めできる良いルールとは思いません。

 

私の場合、兼業投資家なので、このルールにしているだけです。

 

専業でやっている人からすれば笑ってしまう代物ですw

 

ただ、私にはこのルールが儲けは少ないが精神衛生上良くて、何よりも継続できるんですよね。

 

トレードルール・スタイルは千差万別で人によって違うので、それを自分で見つけるしかないんだと私は思ってます。

      スポンサーリンク

 

 

次に、C口座の年間配当を紹介します。

 

C口座とD口座は損益金額で配当金は含めないで計算しているので普段あんまり配当金の計算をしないのですが、ライブスター証券で調べたらこんなのがありました。

 

このうち、6銘柄くらいは売却して今現在は保有してないですが。

 

理想は買付→権利月最終日に向けて上昇→売却→権利落ちで暴落(^。^)yというのを想定してるんですが、今年のような相場ではうまくいってないですね。

 

本来はこの配当金がない方が良いわけですから。

 

全ての地合いに合うルールなんて存在しないので、少なくとも銘柄選び、買うタイミングに関してはスキルアップしていきたいです。

      スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村


株式 ブログランキングへ