スポンサーリンク

政治家は靖国神社に行かなくていいよ!

JUGEMテーマ:株・投資

 

終戦記念日に靖国参拝せず=稲田防衛相

 

やっぱりか〜って感じがします。

 

こうなったら、政治家は靖国神社に行かないという作戦を取ってみるというのはどうでしょうか?

 

政治家が行くと必ず中国・韓国が文句を言ってきます。(韓国が文句を言ってくる理由がわかりませんが・・)

 

それでは誰が代わりに靖国神社に行くか??

 

それは政治家ではなく一般の日本国民です。しかも多数が自発的に・・・・。

 

ムスリムが聖地メッカ巡礼をするように行くのです。

 

8月15日だけでなく、年柄年中行くのです。

 

そしてそれを既成事実化させる、中国が南沙諸島でやったように。

 

中学生・高校生などの修学旅行でも、お決まりのコースにするのも良いかもしれません。

 

さすがの中国も多数の日本国民が靖国神社を参拝する姿を見たら、文句を言ったとしても「右翼が扇動している!」くらいしか言えないんじゃないですかね。

 

そうしたら政治家は「国民が勝手に行ってるんですよ!」「日本は民主主義の国だから、それを取り締まる事ができないんですよ!」って反論すればいいんです。

 

 

 

 

そもそも、国を守るために戦争で亡くなった人々(英霊)に祈りを捧げるのは、どの国でも当たり前の行為ですから、してない日本が異常なんですよ。

 

もちろん、A級戦犯合祀のややこしい問題はあるんでしょうが、それは分祀などの手段を取るしかないとは思いますが。(現在のサンフランシスコ体制下ではそれしかないのかも)

 

そのためにも、多くの人が靖国に行く必要がありますね・・・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・あっ、すいません、実は私まだ一回も行ったことないんです・・・・偉そうなこと言いながらすいません(+o+)

 

ということで近々、靖国神社に参拝に行く予定です。(たぶん)

      スポンサーリンク

 

では、本日はC口座の現状を紹介します。

 

C口座→・ライブスター証券の口座を利用

    ・短期保有型(入金一切禁止)

    ・2015年10月5日から稼働 

2銘柄のみ評価益ですが、それ以外は酷いもんですね。

 

状況次第で投げながら運用していかないとダメかもしれませんね。

 

正直、全口座の中でこのC口座だけが稼働してからのトータルの利益(実現損益+評価損益)がマイナスなんです。

 

ルールの原則は変えませんが、少し改善しながら運用していこうかと考えております。

      スポンサーリンク

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村


株式 ブログランキングへ

入金投資法で預り資産評価が30万円をやっと突破しました!

JUGEMテーマ:株・投資

 

B口座の総計を紹介します。

 

 

8月10日にシグマ光機から配当300円(税引き前)をいただいたので年間の配当金額が3000円を超えました。

 

300円か・・・・って感じですけど、塵も積もれば山となるという諺もありますからね。300円でも重要な資産として考えております。

      スポンサーリンク

 

そして預り資産(株式+現金)の方が、やっと30万円を超えました!

 

30万円超えた理由は、保有株であるMCJの値上がりもあると思いますが、それ以上に増加に寄与したのは入金です(-_-)

 

入金投資法ってやつですねw

 

今の所、B口座への入金のルールは下記の通りにしています。

  1. C・D口座(短期保有型)の利益の一部は入金できる
  2. ポイントサイトなどのネット収益の一部は入金できる
  3. 塾の給料以外の所得の一部は入金できる

1に関しては、今年の相場では残念ながら力を発揮してません。また、入金してしまうと当然のことながらC・D口座の資産の方が増えなくなってしまいます。そこが悩み所ですね。

 

2に関しては、アンケートモニターなどの各種ポイントサイトを利用して貯まったポイントを現金に交換し入金しているんですが、なかなか貯まらないんですよね。

 

クレカを新たに作ったりすると1万円近くゲットできるので、そういう時はB口座に入金します。

 

3に関しては、アルバイトをしていませんので入金できるチャンスはありません。なんだかのアルバイト的なものをやろうかな〜と考える事もあるんですが。

 

塾の仕事もあるので時間的な制約もあり、なかなか難しいのが現状です。

 

 

 

B口座は稼働し始めてから、そろそろ1年が経ちます。

 

ルール自体の原則は変更しませんが、なんだかの策を考えないと資産増加を図るのは難しそうです。

      スポンサーリンク