スポンサーリンク

短期保有型のトレードで久しぶりに損切りをしました・・・・でも当日利益はプラスですが

本日は、D口座の状況を紹介いたします。

 

D口座→・GMOクリック証券の口座を利用

    ・短期保有型(入金一切禁止)

    ・2016年4月4日から稼働

 

短期保有型の口座でC口座とD口座というのがあるんですが、私はこちらのD口座の方が愛着があります。

 

その理由はルールにあったりします。

 

C口座は買い付けにあたり、かなり縛りをかけていて買うタイミングがなかなかないんです。

 

そのためC口座の売買は必然的に減る宿命にあるんですよね。

 

一方、D口座の方は買い付けの縛りはC口座よりは甘めに設定していて買い付けのタイミングが結構あります。

 

両口座とも同じテクニカルで判断して買いを入れるのですが、圧倒的にD口座の方が買い付け率が高いです。

 

 

 

上のD口座の保有銘柄に戻りますが、前回の紹介の時は18銘柄あったんですが、13銘柄に減っています。

 

なぜ減ったかと言いますと、昨日28日(木)に久しぶりに損切りをしたためです。

 

下が今月の実現損益です。

 

〇で囲ったのが昨日の28日(木)のトレードです。

 

4銘柄を売却したんですが2銘柄損切りしました。(1銘柄は5円の利益ですから損切りみたいなものですが・・・)

 

脳内利食い(気分で利食い)をしたわけでなくテクニカルで売却OKシグナルが出たので売りました。

 

 

私は兼業投資家で現物のみでのトレードしかしておりません。

 

考え方によっては損切りをする必要はない、との意見もあるかもしれません。

 

ただ私の場合はA口座〜E口座まであり分散していてルールが各口座異なっております。

 

C口座とD口座に関しては損切りを積極的にしてOKとルールに決めており実行した次第です。

 

A・B・Eの口座は滅多な事がない限り損切りはしませんが。(稼働以来、損切りしたことがないです)

      スポンサーリンク

 

ただ損切りはしましたが、当日利益は3420円のプラスで終えました。(というか終えさせました)

 

月間収益、できれば当日収益に関してはプラスで終える事を常に意識しています。

 

なぜ意識しているかと言えば、過去、当日大幅損失で損切り→その後暴騰→頭がおかしくなりそうになる、という事があったからです。

 

こういう事があると継続できなくなるんですよね、私の場合。

 

なので、損切りした銘柄が上がっても気にしないルール(決まり)をつくっています。

 

気にしないで継続できるルールを私の場合つくって精神状態を安定させながらトレードをしています。

      スポンサーリンク

 

第二次「ITバブル」が始まるんではないかな〜と勝手に妄想してみた

月足チャートのSOX指数(フィラデルフィア半導体指数)が良い形をしています。

 

SOX指数は半導体関連の代表的な指数で日本のハイテク株に影響を与えます。

 

その指数が2000年のITバブル(高値1362)を目指すような動きをしています。

 

もし、この指数がさらに上を目指したら・・・・・・・・・・・・・

 

SOX指数上昇→日本のハイテク株(日経225の構成銘柄の中核)上昇→日経平均暴騰→日経平均20000円超え→(^。^)y-.。o○

 

と勝手に妄想してみました。

 

日経平均構成銘柄はハイテク株の比率が高いのでハイテク株が上がれば日経平均も本格上昇できるのではないかなと思ったんですが、どうですかね。

 

ITバブルの時には動いたけど、小泉郵政相場・アベノミクスでは動いてない(ITバブル高値を超えてない)銘柄も多数ありますし、こういう銘柄が噴く可能性もあるのかなと。

 

代表的な所だとソニー(6758)や東エレク(8035)などですかね。

 

先日のソフトバンクのアーム社の買収の話もありましたし、いろいろとネタもありそうですし。

 

 

 

・・・・・あくまで妄想ですけど。

 

投資は自己責任でお願いいたします

      スポンサーリンク

 

妄想の話はさておき、本日はC口座の総計を紹介します。

 

たいして前回とは変わってはないですが、合計評価額が前回の72.4から73.6になっており、少しだけ回復しています。

 

こちらの利益には配当金は含まないで計算しているんですが、なかなか利益が増えません。

 

まだこの口座は稼働して1年も経ってないんですが、もう少し頑張れるようトレード技術を磨きたいと思います。

      スポンサーリンク

JUGEMテーマ:株・投資