スポンサーリンク

D口座のトレードルールを「ガンガンいこうぜ」に変更

JUGEMテーマ:株・投資

 

短期保有型の口座であるD口座のトレードルールを一部修正しようと思います。

 

「トレードには一貫性が大事」と言いながら、修正するのに躊躇いがありますが今後の収益を考えるとやむを得ないと考えてます。

 

現在のD口座の総計はこのようになってます。

現時点で、8月の実現損益が0円ですw

 

一番アクティブに動き、収益を上げる必要がある短期保有型の口座なのに、この結果。これは、さすがにヤバイなと思いました。

 

トレードルールの限界を感じ、一部変更します。(原則は変えません。)

 

 

変更点は以下の通りです。(青文字がこれまでのルールで、赤文字が新しいルールです。)

 

・投資対象銘柄

財務内容が良く配当を出す割安の銘柄全ての市場の全ての銘柄(売買代金や出来高が多い銘柄中心)

 

・ENTRY(買付)

下がった所の逆張り中長期的に見て昇トレンドの銘柄を買う(順張り)

 

・EXIT(売却)

上がった所で利食い(テクニカルを使用)デイトレはしないが、保有株の損益状況に応じて機敏に対応(テクニカルは使用しない)

 

新しいルールを簡単にまとめると

 

「上昇トレンドの強い銘柄をガンガン買い、利食える時はガンガン利食い、評価損の出ている銘柄を保有していたらガンガン投げる!」って感じです。

 

要するに「ガンガンいこうぜ」って感じでトレードに取り組んでいこうと思います。

      スポンサーリンク

 

現在の保有株は来週の月曜からの相場状況を見て売却していきます。

 

ただ、D口座の原則自体は変えませんので、何でもかんでも売却し月間収益をマイナスにすることは避けたいと思います。(現在まで稼いだ85815円を大事にするという意味です。)

 

精神的安定を保つためにも月間収益プラスという事にはこだわっていきたいと思っています。

 

 

今回の大幅な変更はキャピタルゲインを上げる必要がある短期保有型のD口座だからしたもので、他の口座は現時点で変更する気はありません。

 

作戦「ガンガンいこうぜ!」を来週から稼働させていきます!どうなることやら(^v^)

      スポンサーリンク

 

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

オハラ(5218)の月足チャートを見てみる

JUGEMテーマ:株・投資

 

26日(金)の日経平均株価は195円安で終わってます。何だか、やりにくい相場が続いている感じがします。

 

そんな中、先日紹介したA口座の保有株であるオハラが今日も7.36%の上昇を演じています。

 

評価益が、やっと1万円を超えました(^◇^)

 

ただ、日足を見ると短期的には過熱感がありますね。デイトレーダー以外は、この水準からは買えないのかなって感じがしますが。

 

PBR0.46倍、貸借比率も0.51ですから、まだまだ上に行ってもおかしくない気はしますが、買う場合は警戒しながらエントリーする必要がありそうです。

 

 

月足を見ると、出来高を伴い上昇しているのがわかります。

今回の上げ方が異常なのが分かります。

 

今年481円の安値をつけてからの上昇ですから

 

「もうダメだ、投げよう(+o+)」→「損切して上昇トレンドの銘柄へ乗り換えたお(^◇^)」→暴騰開始→「・・・・・・・・・(ー_ー)!!」

 

っていう人もいるのかもしれませんね。

 

私の場合は、今はそんなに損切はしないですが、こういう経験は何度かあります。

 

こういう事があると自信喪失になってトレード停止→聖杯探しの終わりなき旅の始まり→聖杯らしきもの発見→トレード再開→失敗→トレード停止の無限ループに陥るんですよね。

 

自分が納得してできるトレードスタイルを確立する事がいかに大事な事かが分かります。

 

「上記は私の個人的な考えです。投資の最終判断は自己責任でお願いします。」

      スポンサーリンク

 

 

では、次にD口座の状況を紹介します。

 

D口座→・GMOクリック証券の口座を利用

    ・短期保有型(入金一切禁止)

    ・2016年4月4日から稼働

前回紹介時の評価損益-49600円から-66900円に評価損が増えました(ー_ー)!!

 

うーん、やばいですね。

 

このD口座は短期保有型ですから、積極的に回転しないといけないのに・・・・

 

まだ現金は証券口座にあるんですが、12万くらいしかありません。

 

聖杯探しはしませんが、銘柄選択や買い&売りの条件などのトレードルールの修正を真剣に考える必要があるかもしれません。

      スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ